仏壇の引越しの処分は自分で行うべき?移動の順番とタイミング

仏壇の引越しの処分は自分で行うべき?移動の順番とタイミング
引越しの準備をしている際に、仏壇をどうしても処分しなければならない場合があります。

新居先の部屋が狭く置き場がない場合、親戚にも受け取る人がいない時は、処分を検討せざるを得なくなります。

仏壇はご先祖様の魂が宿っている大切なものですから、簡単に捨てるのは当然失礼ですし、バチが当たります。

引越しを機にどうしても仏壇を処分する場合は、ご先祖様への供養の気持ちを込めて、正しい手順で行いましょう。

そこで今回は、仏壇を処分する方法と手順、処分にかかる費用を解説します。

仏壇は自分で処分しても良いの?

仏壇は自分で処分しても良いの?
多くの宗派は仏壇を家に入れる時に、「魂入れ(たましいいれ)」と呼ばれる仏教の儀式(供養)が行われます。

魂入れの儀式により、仏壇にはご先祖座の魂や仏様が宿り、ご供養の対象となるのです。

そのため、自分で仏壇を処分するには必ず魂を抜く「魂抜き(たましいぬき)」という儀式を行う必要があります。

お寺または仏壇処分の専門業者にて魂抜きをした後には、位牌・遺影・木製の仏像をお炊き上げ(焼却処分)して処分します。

多くの寺院では、仏壇を持ち込むと魂抜きのご供養と位牌のお炊き上げ、その後の仏壇本体の廃棄処分まで行ってくれます。

仏壇を処分する前にお寺で魂抜きをしてもらおう

仏壇を処分する前にお寺で魂抜きをしてもらおう
仏壇や位牌、仏像にはご先祖の魂と仏様の魂が宿っていますので、処分する前に必ず魂抜きをすることが大切です。

一番良いのは檀家のお寺へ仏壇を持っていき、魂抜きからお炊き上げをして処分してもらうのが一番良いです。

しかし、近くに檀家がない場合は近くにある同じ宗派のお寺に依頼をして抜魂の儀式を行ってもらいましょう。

お坊さんが仏壇の中に宿っている仏様とご先祖様の魂に仏壇を処分することを告げて仏壇を空けてもらうのです。

宗派により抜魂の儀式の呼び方が精抜き、または閉眼法要と呼ばれることがありますが、意味は同じです。

同じ宗派の僧侶の方に来てもらい仏壇からご先祖様の魂を抜いてもらうことが大切です。

抜魂の儀式をどこのお寺に依頼すればよいか迷う方もいるかもいしれませんが、まずは両親や親戚にどの宗派か調べてみましょう。

家から一番近い同じ宗派のお寺に連絡して、仏壇の処分を依頼すると対応してくれるはずです。

自宅にお寺の僧侶が来てくれる場合もありますし、同じ宗派の他のお寺さんを紹介してもらえる場合もあります。

家から檀家が遠く、仏壇を持ち運べなくても家の近くのお寺にまずは電話してみてください。

お寺に抜魂の儀式を依頼するといくら費用がかかるのか気になるところですが、基本的には僧侶の方にお渡しするお布施になります。

そのため正確な金額はなく気持ちを心付けでお渡しするという形になります。

抜魂で収めるお布施の相場は30,000円と言われており、僧侶の方に自宅まで来て頂き儀式を行ってもらった場合は35,000円が相場です。

仏壇を処分する方法

仏壇を処分する方法
仏壇の魂抜きを行った後は、仏壇にはもう魂がないため処分することができます。

宗派により仏壇を処分するやり方は異なりますが一般的な3つの方法をみていきましょう。

詳しい仏壇の処分の方法は、ご自身の宗派に問い合わせてみてください。

①仏壇店に依頼する

仏壇店に依頼する
仏壇を購入した店舗がわかれば、その店舗に仏壇を持ち込むと処分に応じてくれる場合があります。

同じ店舗でなくても同じ名前の仏壇店に相談すると対応してもらえることがあります。

仏壇店に依頼して処分する際も、先程説明した仏壇の魂抜きをする必要があります。

②お寺に依頼する

お寺に依頼する
ご自身の宗派のお寺へ行き、仏壇を処分するための魂抜きと位牌のお炊き上げ、仏壇の処分をすべてお任せすることができます。

檀家に持ち込めば安心ですが、遠方の場合は同じ宗派のお寺でも対応してもらえます。

お寺では仏壇の魂抜きから処分までのすべてを任せることができるので安心です。

③専門業者に依頼する

専門業者に依頼する
仏壇処分の専門業者に依頼するのも一つの方法です。

お寺と同様に仏壇の魂抜きから処分までのすべてを引き受けてくれて、依頼すればすぐに対応してもらえるのがメリットです。

最後の供養まで行ってもらえるので、費用はかかりますが、急ぎの引越しなどに便利です。

不用品回収と粗大ごみに出すのはNG

不用品回収と粗大ごみに出すのはNG
冒頭でも説明したように、仏壇に仏様とご先祖様の魂が宿っていますので、粗大ごみ、廃品回収に出すのは失礼に当たり、バチがあたるのでNGです。

魂抜きをせずに粗大ごみに出すとご先祖様の魂が入ったまま処分することになり、ご先祖様が悲しむことになります。

お寺や専門業者にて魂抜きを済ませた後も、仏壇を粗大ごみや廃品回収に出すのは気分的に良くはありませんよね。

実際に、不用品回収業者は仏壇は引き取りを拒否する場合もあります。

自治体の不用品回収の場合も仏壇は粗大ごみの回収対象外として指定されている場合があり、収集してもらえないことがあります。

魂抜きの儀式が済んでいれば、小さいもので3,000円くらい、大きいものです10,000円くらいが相場で引き取ってもらえることもあります。

もし引き取ってもらえない場合は、仏壇を不用品回収の置き場に置いたままになってしまい、周りに仏壇を捨てて酷い人と思われてしまうリスクもあります。

自治体や不用品回収業者は引き取ってもらえない場合も多いので、早めに処分したい方は、仏壇処分専門の業者に依頼することを検討しましょう。

仏壇はご先祖様と仏様が安置していた場所ですからご供養をしてから正しい方法で処分すると気持ちの整理も付くのではないでしょうか?

お寺や専門業者に依頼すると30,000円近くの費用がかかりますが、金銭的に厳しい場合は親戚に相談してみてください。

ご先祖様のためにも粗大ごみや不用品回収にそのまま出すのは避けましょう。

仏壇処分にかかる費用は?

仏壇処分にかかる費用は?
仏壇を処分するにはまず魂抜きの儀式をしてから処分することになりますが、費用はいくらかかるのかみていきましょう。

▼仏壇処分にかかる費用

お寺の仏壇の抜魂 お布施の相場 30,000円〜35,000円
お寺の仏壇の抜魂と炊き上げ お布施の相場 60,000円〜
専門業者の仏壇の抜魂と炊き上げ 70,000~100,000円
仏壇の買い換えによる処分 20,000円

仏壇の魂抜きの儀式をお寺で依頼するには30,000円から35,000円の相場です。

ただし、これはあくまでもお布施ですので、正確な金額が決まっているわけではありません。

お寺のお坊さんに魂抜きの儀式と仏壇の処分まですべてお任せするには60,000円近くかかりますが、これもお布施となります。

ご自身の宗派のお寺へ仏壇を持っていくと魂抜きの儀式と位牌や仏壇のお炊き上げ、そして仏壇本体の処分まで引き受けてくれてもらえます。

魂抜きだけをしてもらっても自分で仏壇を分解して処分するのは大変ですので、すべて引き受けてもらえるのは助かりますね。

抜魂きの儀式とお炊き上げの費用は合合わせて60,000円くらいが相場ですが、仏教の正しい処分のやり方なので気持ちの整理もつくのが良いですね。

ただし、お寺に仏壇を持ち込まなければなりませんので、事前にお寺に連絡をして車を手配する必要があります。

急ぎの引越しなどですぐに仏壇を処分しなければない場合は、仏壇お炊き上げ専門業者に依頼する方法もあります。

最近の高齢化社会により仏壇を処分する需要は高まっているので、仏壇処分専門業者も増えてきています。

専門業者に依頼すれば、お寺と同様の仏壇の抜魂、お炊き上げと本体の処分をすべて引き受けてくれます。

ただし、専門業者に依頼すると料金は70,000~100,000円程度かかり最も高い方法となります。

一番便利ですが、費用がかかってしまうというデメリットがありますが、最近は需要がある方法になります。

引越しを機に仏壇買い換えると処分費用は安くなる

引越しを機に仏壇買い換えると処分費用は安くなる
引越しを機に今ある仏壇を処分して新しいものに買い換えようと考えている方は、処分費用を安く抑えることができます。

多くの仏壇販売店では、新しい仏壇を購入すると古い仏壇を格安で引き取ってもらえるサービスがあります。

仏壇販売店側で魂抜きの儀式と位牌のお炊き上げ、そして仏壇本体の処分をしてくれるのでまとめて任せることができるのです。

古い仏壇の処分費用は20,000円が相場となっており、こちらでは何もする必要がないのでとても楽な処分方法になります。

新居に置く仏壇を新調する場合は、早めに決めて古い仏壇の処分も同時に依頼すると、費用も抑えることができます。

古い仏壇を新居へ持って行き、ゆっくり新しい仏壇を選んでから処分も同時に依頼する方法もあります。

いずれにしても、仏壇を新調する場合は処分も同時に依頼すると費用を抑えることが可能です。

新しい仏壇を購入した場合は、今度は「魂入れ」という儀式があり、お坊さんによりご先祖様の魂を仏壇に移されます。

仏壇を完全に処分してしまうとご先祖様に敬意を払う場所がなくなり、ご先祖様の魂が宿る場所がなくなってしまうので、新調することも考えると良いですね。

まとめ

まとめ
今回は、引越しを機に仏壇を処分するいくつかの方法をご紹介しました。

仏壇は、テレビやベッドなどの家具・家電の粗大ごみと同じ扱いはできませんので、処分する方法は慎重に考えなれければなりません。

仏壇には仏様とご先祖様の魂が宿っていますので、引越しだからといって簡単に粗大ごみや不用品処分に出すことはNGです。

どんな処分方法にしても、まずは魂抜きの儀式を行う必要があります。

供養の気持ちを込めて魂抜きをして、丁寧に処分すれば、ご先祖様や仏様に伝えて処分することができるのです。

ご先祖様に敬意を持って処分するためには、お寺に依頼する、または専門業者に依頼して、正しい方法で処分するようにしてください。

仏壇を処分するには時間や費用がかかりますので、引越しが決まったら早めに方法を考えましょう。

親戚や両親にも相談をして、ご先祖様に敬意を払い失礼のない処分方法をしましょう。

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です