引越しの繁忙期と閑散期。年間カレンダーで料金の差額を調査 

引越しの繁忙期と閑散期はそれぞれいつからいつまでかを解説
誰でも引越し費用を安く抑えられたら嬉しいですよね。

多くの人は、複数の引越し業者に見積もりを出して、料金を比較することが良い方法だと考えるかもしれません。

しかし、引越し費用を安くするには、安い業者選びをするよりも引越しする時期を選ぶことがもっと大切です。

引越しには、繁忙期と閑散期があり、 依頼が殺到して多忙になる「繁忙期」と暇な「閑散期」があるのをご存知ですか?

1年を通して最も忙しい繁忙期の3月に依頼すると、閑散期よりも約3倍もの差がついてしまうんですよ。

そこで今回は、これから引越しされる方に向けて「繁忙期」と「閑散期」をみながら引越しのお得な時期や安く抑える方法をご紹介します。

電話営業のない引越し見積もりを今すぐ行いたい方は以下から無料査定をどうぞ。

引越しsuumo公式サイトはこちら(無料)

引越しの繁忙期はいつからいつまで?

引越しの繁忙期はいつからいつまで?

3月20日~4月5日 一年で最も依頼が多く、最も料金が高い
3月14日~3月19日 3月は一年で最も忙しい月で料金が高い
12月25日~12月29日 年末は新年を新居で迎えたいという人が多いため値段は比較的高い
ゴールデンウイーク前半

4月29日~5月2日

ゴールデンウィークは前半引越しを終えて後半新居でゆっくりしたり、荷解きをしたいという方が多いので依頼が多い
夏休みの7月下旬~8月上旬 夏休みの前半は子供の新学期に合わせて前半に行いたいという人が多いので依頼が多い
ゴールデンウイーク後半

(5月3日~5月5日)

連休中はいつも引越しの依頼は多く料金は高い
夏休みの8月下旬 夏休みから9月、10月も繁忙期
冬休みの12月下旬 年末は引っ越しの依頼が多い

一年で最も引越し依頼が殺到するのは3月下旬から4月上旬となり繁忙期の中でもピークに達します。

その理由は、新学期や入社式など新しい新年度の始まりでもあるので、就職や入学が決まった人が 引越しを依頼することが多く、引越し料金は一年で最も高くなります。

続いて、5月のゴールデンウィークの連休中は引越ししやすい時期なので、どの業者も依頼が多くなります。

特に連休中の前半に引越しを済ませて、後半にゆっくりしたり、荷ほどきをする時間を取りたいと考える人が多いです。

そのため、ゴールデンウィークは前半に依頼が集中する傾向にあります。

そして、8月の夏休みも子供の新学期に合わせて引越し依頼する人も多いです。

10月は多くの人が連休が取れるというのもあり 引越し依頼が多くなり繁盛期となります。

繁盛期は引越し業者にとって良い一年で最も稼ぎどきであり、どの業者も予約をどんどん受け付けています。

3月は新社会人や新入生が増える時期なので、特に目立った営業しなくても、自動的に予約が見込めるのです。

この時期は初めから引越し料金が高く設定されているので、なかなか値段交渉もしづらいというデメリットもあります。

その他にもスケジュールが詰まっているのでスケジュール通りに進まないという可能性もあります。

もし引越し時期を自分で決めることができるならば、なるべく繁盛期は避けたほうが良いですね。

繁栄期は依頼が殺到するので、早く日程を押さえておかないと最終的に引越しできなくなる可能性もあります。

あまり値段を比較することばかり時間が取られてしまうと、希望日に引越しできなくなるので注意しましょう。

繁忙期の引越しの料金相場

繁忙期の引越しの料金相場

単身引越し 家族引越し(2名以上)
繁忙期 約75,000円 約150,000円
閑散期 約45,000円 約80,000円
差額 約30,000円 約70,000円

繁盛期の引っ越しは、閑散期と比べると単身引越しの場合は3万円、家族引越しでは7万円もの差が出ます。

繁盛期に引越し依頼をすると、荷物が多かったり長距離、オプションの有無の条件によりさらに高額になってしまう可能性があるのです。

どうしても3月しか引越しできないという方以外はなるべく繁忙期は避けた方が無難ですね。

繁忙期でも引越し料金を安くするには?

繁忙期でも引越し料金を安くするには?

  1. 不用品処分して荷物を減らす
  2. 人気の大安よりも仏滅を選ぶ
  3. 依頼が多い土日祝日よりも平日を選ぶ
  4. 混み合う月末よりも中旬を選ぶ
  5. 午後便よりも午後便を狙う
  6. 小物は自分で運んで大型家具・家電のみ依頼する
  7. 複数の業者から一括見積を取り値段を比較
  8. 訪問見積もりの際に値段交渉する

基本的に繁盛期はなかなか料金が下がりませんが、少しでも安くしたいならば、上記の条件を参考にしてみてください。

引越し料金は、荷物の量、移動距離、そしてオプションの料金を合わせた金額になります。

引越し先は変えられないので、移動距離は変えることができませんが、荷物を減らすことは可能です。

本当に全ての荷物を運んでもらう必要があるのかもう一度確認してみましょう。

不要なものは買取業者に出せば、その分引越し費用に回すこともできます。

そして、繁盛期でも月末や土日祝日が混み合いますので、中旬や平日を選ぶようにしましょう。

引越しの閑散期はいつからいつまで?

引越しの閑散期はいつからいつまで?

11月~12月上旬 忙しくなる年末はクリスマスまでが狙い目
1月4日~2月第3週 年明けは三が日を過ぎてから

引越しの閑散期とは、 一年で最も引越し以依頼の需要が少なくなる時期です。

ズバリ11月から12月下旬、そして年明けの三が日が終わって1月4日から2月の頭までは、引越し料金をかなり安く抑えることができます。

この時期は閑散期に当たるので、各引越し業者はキャンペーンを行ったり、値下げ接戦をしながらなるべく多くの依頼を取るために営業しています。

そのため、暇な閑散期は最も値段交渉がしやすい時期でもあるのです。

引越しする時期を自分で選べるならば、閑散期に依頼すれば、安く引越しすることができるのです。

例えば、荷物が多い方や長距離の引越しになると通常高くなりますが、閑散期に引越しすれば 費用を抑えることができるのでおすすめです。

閑散期の引越しの料金相場

閑散期の引越しの料金相場

単身引越し 家族引越し(2名以上)
繁忙期 約75,000円 約150,000円
閑散期 約45,000円 約80,000円
差額 約30,000円 約70,000円

閑散期の引越の料金相場は、単身の場合約4,5000円、家族引越しの場合は約80,000万円となり繁忙期よりも半額近く安くなることがあります。

ちなみに繁忙期と閑散期以外は通常期となり、通常期は閑散期よりも若干高くなります。

閑散期の11月から12月下旬、そして年明けの三が日が終わって1月4日から2月の初めは一番安い時期になるので狙い目です。

閑散期でも土日祝日・月末は高い

閑散期でも土日祝日・月末は高い
閑散期は一年で最も引っ越し料金が安いと説明しましたが、閑散期であっても、土日祝日と月末は料金が高くなる傾向にあります。

やはり、連休の土日は引越ししやすいので、平日よりも依頼が増えるのです。

月末は家賃の締め切りになるので引越しの良いタイミングとなります。

そのため混雑を避けるならば平日や中旬を選んだ方が良いですね。

引越しの繁忙期と閑散期の料金はいくら違うの?

引越しの繁忙期と閑散期の料金はいくら違うの?
繁忙期と閑散期の料金の差は、単身引越しの場合は約15,000円〜30,000円変わります。

そして、家族引越しの場合は約70,000円から
100,000円変わるので大きな差だと言えます。

入学式や入社式に合わせた引越しの場合は、繁忙期の引っ越しは避けられませんが、その他スケジュールを自分で選べる場合は、なるべく閑散期を選ぶとお得ですね。

引越しの費用を抑える方法

引越しの費用を抑える方法
引越し費用を抑えるためには、一括見積もりサイトを利用して、複数の業者に見積もり依頼を取ってみましょう。

料金を比較して気になる業者に積極的に値段交渉しましょう。

同じ月でも費用が変わる場合があるので、直接業者に聞いてみると良いですね。

まとめ

まとめ
今回は、引越し業界の繁忙期と閑散期の料金の違い などを見ていきました。

年間カレンダーでみると同じ条件でも月によっては料金が変わることがわかりました。

お得な引越しを実現するためにも、是非これからは繁忙期と閑散期を意識して日程を選んでいきましょう。

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です