引越しの本人移動。電車や車で移動する。人を待たせてはだめ?

引越しの本人移動。電車や車で移動する。人を待たせてはだめ?
引越し業者に依頼した当日は、自分はどうやって新居に移動すれば良いのか迷っていませんか?

基本的に、荷物は引越し業者に依頼して運搬を任せることができますが、自分もついでにトラックに乗せてもらうことはできません。

そのため、自分は電車やバス、または車で移動する必要があります。

しかし、旧居で荷物を搬出する際には本人の立会いが必要となるので、トラックに荷物を詰め込んだ後に、業者と別行動になります。

そうなると、新居に到着する時間のタイミングが合わずに、引越し終了の予定時間が遅れてしまうリスクもあるのです。

そこで今回は、引越し当日に自分が新居まで移動する方法や注意点について解説していきます。

引越し当日の新居までの本人移動はどうするの?

引越し当日の新居までの本人移動はどうするの?

引越し業者に依頼をした場合、自分はどうやって新居へ向かえばいいのか迷うところだと思います

当日中に終わる短距離の引越しの場合は、搬入・搬出・運搬を全て1日の内に終了します。

そのため、スケジュールが慌ただしくなり、予定通り行わないと1日で終了できない可能性が出てきます。

本人の移動は、予定通り早めに新居へ到着しなければ、1日で終了できくなるのです。

当日中に終わる短距離の引越しの場合は、本人はなるべく早く移動して、業者よりも早く新居に到着するのが理想的です。

ただし、旧居から荷物を搬出する際は立ち会いが必要になるので、しっかり確認してから、自分だけ新居へ向かう必要があります。

万が一、引越し業者の方が早く新居に到着しても待っていてくれますが、大きいトラックが近所の邪魔にならないように、色々と気を使うことも出てします。

予定通りに引越しが終わるために、なるべく自分が先に到着するように調整しましょう。

引越し業者のトラックには同乗禁止

引越し業者のトラックには同乗禁止

新居へ向かうために引越し業者のトラックに同乗させてもらえば、スタッフと一緒に新居へ移動できるので効率的ですよね。

しかし、基本的にお客さんが引越し業者のトラックに同乗することは禁止されています。

その理由は、引越し業者は万が一の事故やトラブルのために荷物に対して保険はかけていますが、お客さん人物に対しては無保険だからです。

そのため、荷物と一緒にトラックに同乗させてもらうということはできないのです。

ほとんどの引越し業者は、お客さんを同乗させることはできないと覚えておきましょう。

おすすめは電車またはバスで移動

おすすめは電車またはバスで移動

時間通りに新居に到着するには、電車またはバスなどの公共交通機関を利用することをおすすめします。

電車やバスは、比較的時間に正確で料金もリーズナブルなので負担にならず、引越し当日の移動に最適です。

到着予定時刻も時刻表でわかるので、引越し業者との時間の待ち合わせをしやすいメリットもあります。

新居で引越し業者お待たせないためにも、事前に引越し業者のスタッフに到着時間を伝えておきましょう。

マイカーでの移動もOK

マイカーでの移動もOK

車を持っている方は、自分の車で新居に向かうのもおすすめの方法です。

自分の車であれば、ダンボールの荷物を一緒に運べるので、引っ越し業者に依頼する荷物を減らすこともできるのがメリット。

ただし、道路が渋滞してしまうと新居へ到着する時間が遅れてしまうため、電話で連絡をする必要があります、

引越し業者の有料オプションには、マイカー輸送という輸送サービスがあります。

自分で新居へ向かえば、マイカー輸送してもらう必要もないですし一石二鳥ですね。

タクシーもあり

タクシーもあり

旧居と新居の距離が近い場合、近距離の引越しの場合は、タクシーでの移動もおすすめです。

タクシーならば、駅から離れている新居の場合も玄関前まで移動できるのがメリットです。

単身引越しの場合はタクシー移動は高くついてしまう可能性がありますが、人数が多い家族引越しの場合は、電車やバスよりも安上がりになることがあります。

電車とバス、タクシーの料金をそれぞれ比較してタクシーが安ければ利用しても良いでしょう。

引越し業者を待たせてしまったら待っててもらえるの?

引越し業者を待たせてしまったら待っててもらえるの?

新居の鍵を持っているのは自分なので、引越し業者よりも自分が先に新居に着くように調整する必要があります。

電車やバス車で移動した場合に、何時ぐらいに新居に到着するか計算して、前もって引越し業者にスタッフに伝えておきます。

新居に到着したら、引越し業者を迎える準備をしましょう。

万が一、道路の渋滞や何かのトラブルで自分の到着時間が遅くなってしまいそうな場合は、早めに引越し業者に電話で連絡してください。

もし、引越し業者が先についても待っていてもらえますが、引越し作業が遅れてしまう可能性があります。

あまりに到着時刻が遅れそうな場合は、当日中に終わらずに翌日に荷物を搬入することになる
ことがあります。

当日中に搬出・運搬・搬入をすべて終わらせるためには、スケジュール通りに進めることが大切です。

事前に引越し業者と打ち合わせをする際に当日の流れと交通手段、時間を確認しておきましょう。

引越し業者の予定表通りに行動すれば、問題なく当日に引越しが完了しますので、あまり心配する必要はありません。

県外は翌日到着でもOK

県外は翌日到着でもOK

県外の長距離引っ越しの場合は、新居に到着するのは翌日到着になる場合が多いです。

旧居で搬出をした後、その翌日に引越し業者を新居で迎えることになるので、時間的に余裕があるのがメリットです。

通常、長距離引越しは翌日に搬入作業がありますが、当日中に対応してくれる場合もあるので希望する場合は、可能かどうか相談してみましょう。

長距離引越しは時間的に余裕があるので、スケジュールに合わせて行動すれば予定通りに終わります。

ペットの移動もお願いできる?

ペットの移動もお願いできる?

引越し業者に依頼できるのは、ダンボールと大型の荷物だけです。

ペットの移動は、基本的に引越し業者に運んでもらうことはできません。

引越し業者には、提携している専門の業者によるペット輸送のオプションサービスがあります。

ペットを自分で運ぶことができない場合は、引越し業者のオプションを申し込んで、専門の業者に依頼することをおすすめします。

自分で運べる方は、安全にペット専用のケースに入れるなどして運搬しましょう。

引越し当日の移動のタイミングは業者と打ち合わせしておこう

引越し当日の移動のタイミングは業者と打ち合わせしておこう

近距離の引越しは、荷物の搬出・搬入の作業を全て1日で終わらせなければならず、慌ただしいスケジュールになります。

旧居で荷物を出した後、すぐに新居へ向かい、引越し業者を迎える準備をする必要があります。

新居の到着が遅れてしまうと、搬入作業をする時間がなくなってしまい、当日に引越しが終わらなくなるので注意が必要です。

時間通りに終わらせるために、早めに新居に到着して、スケジュール通りに行うことが大切です。

長距離引越しの場合は、翌日に搬入作業となるため、時間的に余裕があり予定通りいきやすくなります。

いずれにしても、引越しは自分だけで行うのでなく、引越し業者のスタッフと連携で行うので 前もって事前に打ち合わせをしておくことが大切です。

まとめ

まとめ

今回は、引越し当日における新居までの本人の移動方法をご紹介しました。

自分も荷物と一緒にトラックに乗せてもらえると良いのですが、それは不可能なので、自力で新居へ向かう必要があります。

本人の移動は電車やバス、車やタクシーなどを利用して新居へ向かいましょう。

当日の引越しの場合は、かなりタイトなスケジュールになるので、遅れないように時間に余裕を持って行動しましょう。

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です