引越し時にウォシュレットは取り外せるのか。そのままでは原状回復にならない

引越し時にウォシュレットは取り外せるのか。そのままでは原状回復にならない

海外でも評価が高く海外セレブが来日したとき気に入って購入して帰ることが多々あるといわれているウォシュレット。

ウォシュレットが最初から付いている物件は、単身世帯~2人向けの賃貸物件だとそれほど多くないようです。
自分で購入して取り付けた場合は、引越し時に対応が必要です。

今回の記事では引越し時のウォシュレットについて解説していきます。

引越し時にウォシュレットは取り外せる?

引越し時にウォシュレットは取り外せる?
ウォシュレットは取り外しすることが可能なものです。
取り外しを自分ですることも・・・不可能ではありません。しかし、失敗すると水浸しにしてしまうリスクがあるので業者に任せるのが最も安心です。

特に賃貸物件の場合は物件を破損させると敷金から引かれてしまったり、敷金0円物件なら実費精算しないといけなかったりします。
最悪の場合、業者に取り外しをしてもらっていたほうが安上がりだったという展開になる可能性があるので、ウォシュレットの取り外しは自分でやらないほうが良いです。

購入したウォシュレットは外して退去しないといけない

購入したウォシュレットは外して退去しないといけない
自分で購入したウォシュレットは、引越し時に外して退去しなければいけません。

新居に最初からウォシュレットが付いている場合、旧居で使っていたウォシュレットは不要ですが置いて退去してはいけません。

購入したウォシュレットを残していくと原状回復にならない?

購入したウォシュレットを残していくと原状回復にならない?
退去するとき、物件を借りていた者は原状回復して出ていかなければいけません。
購入したウォシュレットを置いていくことは、「残置物」になるので、最初はなかったものを残していくということ。管理会社にとっては困ってしまう可能性があります。

「ウォシュレットって海外でも人気あるし、むしろこちらがお金払って購入したものを置いていくんだから喜ばれるのでは?」という考え方もあるかもしれませんが、残置されたウォシュレットに対して、故障があれば管理会社に修理義務が発生したり、古くなったら撤去するための費用が必要になったりと、管理会社にとっては計画外の経費がかかるので、好まれづらいです。

置いていっても何もいわれない可能性はあるかもしれません。
しかし、取り外しをするのがマナーだといえます。

ウォシュレットの取り外しは引越し業者におまかせ!

ウォシュレットの取り外しは引越し業者におまかせ
引越しでのウォシュレットの取り外しは、引越し業者にそのままおまかせするのがシンプルでおすすめです。

ウォシュレット外すのも手馴れている!アート引越センター

ウォシュレット外すのも手馴れている!アート引越センター
アート引越センターはリーズナブルで対応が良く顧客満足度も高い人気の引越し業者です。

各種電気工事に対応していて、ウォシュレットの取り外しと取り付けにも対応しています。
アート引越センターに依頼するとウォシュレットの取り外し取り付けを含めた、トータルの引越し料金をリーズナブルに抑えられる可能性があるので、安さ重視派は要注目です!

素早く対応!サカイ引越センター

素早く対応!サカイ引越センター
サカイ引越センターは知名度が高く毎年人気ランキング上位の引越し業者です。
引越し対応の満足度が高いサカイ引越センターも、ウォシュレットの取り外しと取り付けに対応しています。

サカイ引越センターは引越し作業のスピーディーさへの評判が良いので、スピーディーな引越しに期待する方はぜひ、見積り依頼をしてみてくださいね。

「アート」「サカイ」ウォシュレットの取り外し費用をチェック

「アート」「サカイ」ウォシュレットの取り外し費用をチェック
アート引越センター、サカイ引越センターのウォシュレットの取り外し取り付け料金は、どちらの引越し業者も、合計で15,000円程度です。

取り外しだけならもっと安くなります。
こちらは「取り外し」「取り付け」のトータルで対応したときの料金です。

ウォシュレットが新居では不要な場合は、取り外してもらってそのまま粗大ごみとして処分する流れになります。
ウォシュレットは重いといえば重いですが、女性1人でも運べることが多いはずです。
行政の粗大ごみ回収(玄関先や集合住宅の玄関まで運んで出しておかないといけない)に依頼しても、充分対処できるのではないでしょうか。

行政の粗大ごみ回収は安く、地域にもよりますがウォシュレット1個につき300円~500円の範囲で回収してもらえます。

取り外しだけを希望するなら、アート引越センターorサカイ引越センターに引越し作業のオプションで取り外しを依頼して、取り外してもらったウォシュレットは自力で行政の粗大ごみ回収に出すのがおすすめです。

【記事のまとめ】ウォシュレットの忘れ物はしないように気を付けよう!

今回の記事では、引越し時のウォシュレットへの対応について詳しく解説しました!
ウォシュレットを自分で購入した場合は、退去時にきちんと取り外しをする必要があります。

ウォシュレットの取り外し取り付けは、引越し業者で対応することが可能なので、見積り時に相談するのがおすすめです。
面倒だとしても、ウォシュレットを旧居に放置して退去しないようにしましょう!
基本的に賃貸物件は、退去時に管理会社との立ち会いがあるので置いていくとバレてしまいます!

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です