近距離引越し時の大型家具の運搬。超近距離引越しも当日や自分と家族だけではダメ

近距離引越し時の大型家具の運搬。超近距離引越しも当日や自分と家族だけではダメ
今回は近距離引越しにおすすめな引越し業者や、近距離引越しのコツなど、近距離引越しを賢く行ううえで必要になってくるであろう様々ポイントについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

長距離引越しの日数。単身者や荷物が少ないと安い。コンテナもおすすめ

長距離については上記をご確認下さい。

近距離で単身引越しにおすすめの業者をご紹介

近距離で単身引越しにおすすめの業者をご紹介
これから一人暮らしを始めるような方や、単身赴任といった理由などにより単身引越しで移動する距離が近距離である場合には、そうした近距離での単身引越しを得意とする引越し業者・プランを選択すると良いでしょう。

なぜならば、そうした業者を選ぶことによって、他の業者で見積もりを取った場合に比べても非常に料金が安くなったりすることも多々あるからです。

 

例えばある特定の業者での見積額と、別の業者での見積額とでは、移動距離や荷物の量などの条件が同じであるはずなのにも関らず、1万円以上差がつくというようなこともザラだったりします。

 

このように引越し業者の間では、同じ条件でも利用料金に大きな差がつくこともあったりするので、なるべく引越しにかかる費用を安く済ませたいのであれば、ぜひ近距離の単身向け引越しに向ているような引越し業者やプランを選んでいきたいところですね。

 

こうした近距離の単身向け引越しで評価が高い、おすすめな引越し業者・プランとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

引越し業者名 引越しプラン 料金(目安) 積載量
赤帽 (軽貨物運送) 1万円以下~ ・幌車タイプ:幅141cm×奥行192cm×高さ175cm(目安)

・コンテナ車タイプ:幅142cm×奥行182.5cm×高さ185cm(目安)

※赤帽の各拠点により微妙に異なる

サカイ引越センター 単身パック(ご一緒コース) 10000円~ ・幅105cm×奥行75cm×高さ144cm
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト) 単身引越しサービス 11000円~ ・単身引越しサービス:幅104cm×奥行104cm×高さ170cm

・単身引越しサービスmini:場合で幅104cm×奥行104cm×高さ130cm

ハトのマークの引越センター 小鳩プチトラパック 13800円~ ・幅110cm×奥行80cm×高さ170cm
アーク引越センター ミニ引越しプラン 14450円~ 不明
日本通運 単身パック当日便 15000円~ ・単身パックS:横108cm×奥行74cm×高さ155cm、

・単身パックL:横108cm×奥行104cm×高さ175cm

 

アリさんマークの引越社 ミニ引越しプラン 20000円~ ・超ミニ引越しプラン:ダンボール(タテ+ヨコ+奥行き=150cm以内)10個まで

・特ミニ引越しプラン:ダンボール15個までとテレビ(小)+チェスト(小)程度まで(たたみ一畳くらい)

・ミニ引越しプラン:ダンボール20個までと、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車などまで

(たたみ三畳くらい)

 

大手の引越し業者であれば、上記のような業者の単身プランが安くて良いと言われています。

しかし単身での短距離引越しの場合だと、場合によってはこうした大手業者よりも地域密着型の引越し業者や赤帽など軽貨物運送業者を利用したほうが料金が更に安くつくこともあったりします。

 

ちなみに長距離であればネットワークの広さから、大手業者を選んだ方が料金的にも安くておすすめですね。

 

引越しにかかる費用をなるべく抑えたいのであれば、上記のような大手の引越し業者をはじめ、軽貨物運送業者や地元の引越し業者も含めて見積もりを取って比較検討すると良いのではないでしょうか。

大型家具だけの近距離引越しを対応してくれる業者

大型家具だけの近距離引越しを対応してくれる業者
単身での近距離引越しで、荷物の量が少なく大型家具を少しだけを運んでもらいたいという場合には、上記のような単身プランよりも、大型家具の配送をメインとしたサービス内容のプランを利用したほうが、料金的にも割安になります。

 

大型家具の輸送・梱包・搬入・設置といったサービスを扱うおすすめの引越し業者は、主に以下のようなところがあります。

 

 

引越し業者名 プラン名 備考
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト) らくらく家財宅急便 ・梱包、搬入、設置を行ってもらえる
サカイ引越センター 小口引越便サービス ・作業完了後10分間掃除などなんでもしてくれるサービスあり
アーク引越センター 大物限定プラン ・ダンボール箱最大50枚、布団袋最大2枚、ハンガーボックス(レンタル)最大5コが無料でプレゼント

・1~20日では特別割引きが適用

赤帽 ・細かいサービス内容は、その拠点によって変わる

 

上記引越し業者では基本的に、大型家具の配送はもちろん、その荷物の梱包・搬入・設置まで行ってもらえますが、赤帽の場合は梱包は自分で行わなければならなかったり、サービスも内容がその拠点によりかわってきます。

 

その他大型家財だけを送りたいのであれば、福山通運などの運送業者に依頼するにも良いですが、この場合は梱包や設置まではサービス対象外となります。

 

単身引越しで大型家電を設置するために持ち運びするのであれば、自力だけでは厳しいので誰かに協力してもらう必要がありますし、特に女性であればこうした大きくて重量のある荷物を運ぶのは危険だったりします。

 

なので大型家具だけを送る際は、こうした大きな荷物を梱包し自宅まで持ち運んで配置までやってくれるような引越し業者のプランを利用するほうが安全ですし、料金的にも大して変わらないので引越し業者に依頼したほうが良いでしょう。

例え超近距離(1km圏内)だったとしても自分や家族で引越しを行うのはおすすめしない

例え超近距離(1km圏内)だったとしても自分や家族で引越しを行うのはおすすめしない
例えば引越し先が隣町であり、距離も1km圏内くらいにしか離れていないというような場合だと、わざわざ引越し業者に依頼せずとも自分や自分たちだけで車を使って荷物を移動させれば、引越しにかかる費用も浮かせることができて良いのではないかと考える方もいるかもしれません。

 

確かに単身の場合や二人家族などで荷物の量が少ない場合は、荷物を移動させるのに何回か往復しなければならないとしても、移動距離が短いので一見さほど労力もないかと思われます。

 

しかし運ぶ荷物をまず車などに詰め込むのにも割と労力が要りますし、引越し先に到着したら今度はその荷物を積み下ろさなければならず、これもまた実際にやってみると地味にきつかったりします。

 

そしてこれを往復するとなると、荷物の積み上げ+積み下ろしに加えて往復で運転ないし移動しなければならないので、距離が近くても結構体力や時間を消耗しますし、マンションなどの場合でエレベーターから駐車場まで少し距離がある場合は台車などの運搬器具がないと厳しいです。

 

また大型家具もある場合は、引越し業者で使われるような専用の器具がなければ、運搬の際に荷物を落としてしまったり、旧住所または新住所のエレベーターや窓などを破損させてしまったりする恐れもあります。

 

こうなった場合は荷物をダメにしてしまったり、旧住所または新住所の管理会社に多額の賠償金を支払わなければなりません。

 

しかし引越し業者に依頼してしまえば、お金こそかかるものの、こうした荷物の運搬にかかる時間や労力は一切ありませんし、荷物に万が一のことがあった時のために補償があったりするので、大型の荷物があるのであれば自力ではなく引越し業者に頼んだ方が何かと良いです。

 

引越し先が超近距離であり、新居先に運ぶものは大型のモノはなく小物ばかりの場合で、1~2往復程度で荷物を運びきれるのであれば、自力で引越しを行うのも良いかもしれません。

 

経験上やるのであれば、周りが明るくてかつ交通量なども少ないような朝方がおすすめですね。

近距離引越しにもおすすめ!サカイ引越センター

近距離引越しにもおすすめ!サカイ引越センター
サカイ引越センターで近距離を行う場合は、最安で引越しできる「ご一緒コース」を利用すれば、単身の場合で荷物が少ないのであれば10000円からと非常に安い料金で引越しできます。

 

ただしこのご一緒コースでは小物の荷造り・荷解きが自分で行わなければならないほか、混在便なので他の人の荷物もまとめて輸送する形になり、荷物の到着時間をこちらで指定することができなかったり、ごく稀に他の人の荷物と混同して紛失してしまうようなこともあったりするので注意が必要です。

 

利用料金は安い方がいいけれども、日時指定したかったりトラブルを避けるために混載便は使いたくないのであれば、小物荷造り・荷解きは自分で行う「せつやくコース」を利用すると良いでしょう。

 

その他小物荷造り・荷解きも含めてすべて業者さんに任せたい場合は、料金は割高になりますが「らくらくコース」がおすすめです。

 

ちなみにサカイ引越センターで引越しを行う独自のメリットとしては、引越し作業完了後から10分間はなんでも行ってくれるというサービスがあり、これを使えばその間照明の取り付けや大型の家具の配置変え、引越し後の後片付けなど行ってもらえるので何かと便利です。

安い予算の近距離引越し可能!日本通運!

安い予算の近距離引越し可能!日本通運!
日本通運だと単身で近距離引越しをする場合、「単身パック当日便」を使えば15000程度から引越しをすることが可能です。

 

小物の荷造り・荷解きは自分で行わなければなりませんが、日本通運の場合はダンボール10箱・テープ1個、布団袋1袋、ハンガーボックス(レンタル)4個が無料で付いてくるので、単身引越しの場合だと梱包資材は基本的にこれで事足りるのではないでしょうか。

 

なお到着時間を夜間に指定した場合や、土日祝日に指定した場合、繁忙期に申し込んだ場合はオプションとして追加料金が発生します。

 

また家族での引越しならば、「セルフプラン」が安くなりますが、割安になる代わりに荷造り・荷解きを自分で行わなければなりません。

 

ただし近距離引越しに限り、日通側からレンタルできる、食器トランクやハンガーボックス、シューズボックスなどの梱包資材をを用いれば、食器や衣類・靴の荷造り・荷解きを効率的に行えるので、こうした作業を非常に短時間で楽にできることから、料金を安くしたいのであればセルフプランがおすすめです。

 

多忙であったりして時間が取れない場合や、荷造り・荷解きなどの作業が面倒であれば、そうした作業をすべておまかせでやってくれる「フルプラン」や「ハーフプラン」が良いでしょう。

赤帽の近距離引越しは高いって本当?

赤帽の近距離引越しは高いって本当?
赤帽は単身引越しの場合でも遠距離ならば料金は高くつきますが、近距離引越しの場合はむしろ引越し業者の単身パックよりも安く済ませることもできます。

 

しかし赤帽は引越し業者ではなく、軽貨物運送業者なので、荷物の梱包は自分で行わなければならなかったり、大型家具の設置は自分も手伝わなければならなかったりします。

 

中には手伝わなくても良いところもあったりするようですが、これに関してはその赤帽の拠点によります。

 

というのも赤帽は全国各地に存在していますが、それぞれが独立しているので、そのサービス内容もまちまちであることから、大型家具の設置をお任せでやってくれるところもあれば、そうでないところもあったりするという訳なんですね。

 

このように赤帽は梱包しなければならなかったり、自宅まで持ち運びを手伝わなければならなかったりと少々面倒ではあるものの、移動距離や荷物の量など条件さえ合えば最安5400円(時間指定の場合は8000円)から利用できるので、男性など力に自信があるような方で、とにかく安く近距離引越ししたい場合は赤帽を使うと良いでしょう。

 

ただし赤帽は時間指定をはじめ、土日祝日での利用や高速代・駐車料金などで別途料金が発生することで料金が高くついてしまうこともあるので、この辺りには注意が必要です。

おすすめ!らくらく家財宅急便のクロネコヤマトの近距離引越し

おすすめ!らくらく家財宅急便のクロネコヤマトの近距離引越し
ヤマトホームコンビニエンスでは単身プランや家族向けプランなど通常の引越しプランとは別に、「らくらく家財宅急便」というサービスがあります。

 

これは大型の家財を少しだけ新居へ配送させたい場合におすすめなサービスで、荷物の量と移動距離によって決まることから、短距離であれば格安で大型家財を新住所へ送ることが可能です。

 

しかもらくらく家財宅急便は荷物の梱包から引越し先への設置まで行ってくれるので、軽貨物運送業者のように家財の設置は自分も手伝わなければいけないということもなく、体力に自信のない女性にとっても安心して利用できますね。

 

ただしこのサービスは、クロネコヤマトの通常の引越しプランのようにWEB割引といったものは適用されず、あくまで荷物の量と移動距離に応じて料金が定められています。

 

ヤマトホームコンビニエンスのサイトの らくらく家財宅急便の料金検索ページからは、引越し元住所と引越し先住所、そして荷物の量が分かれば具体的な料金を簡単に把握することができます。

 

近距離におけるらくらく家財宅急便の料金の目安は以下の通りです。

荷物の例 サイズ(三辺合計) 料金(税込み)
電話機、ファックス、HDレコーダー 80cmまで 1512円
電気ポット、炊飯器 120cmまで 2160円
衣装ケース、石油ストーブ、扇風機、エアコン(室内機) 160cmまで 3132円
押し入れダンス、肘掛け椅子、座卓、エアコン(室外機) 200cmまで 4320円
全自動洗濯機、ドラム式洗濯機、学童机、カーペット(6畳・4.5畳)、単身用冷蔵庫、布団袋 250cmまで 7398円
ソファ(2人掛け)、自転車、(22インチ)、食器棚 300cmまで 10746円
家庭用冷蔵庫(大型)、シングルベッド(簡易型)、自転車(26インチ)、タンス、本棚 350cmまで 16254円
ダブルベッド、衣装タンス 400cmまで 22950円
カウチソファー 450cmまで 29646円

大型の家具や家電を少しだけ運んでもらいたい場合に利用すると良いでしょう。

アリさんマークの引越し社!ミニ引越しプラン

アリさんマークの引越し社!ミニ引越しプラン
アリさんマークの引越社では近距離での単身引越しの場合にうれしい、「ミニ引越しプラン」と呼ばれるプランが存在します。

 

この中にはミニ引越しプラン、特ミニ引越しプラン、超ミニ引越しプランの3つのプランがあり、それぞれで輸送できる荷物の量が異なります。

各プランと運べる荷物の量の目安としては以下の通りです。

 

プラン名 荷物の量
ミニ引越しプラン ダンボール20個分+テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、自転車などの荷物を輸送可能

(畳3畳分が目安)

特ミニ引越しプラン ダンボール15個分+テレビと小さめのチェストを輸送可能

(畳1畳分が目安)

超ミニ引越しプラン ダンボール10個分を輸送可能

いずれの場合にしろ、同一市区5km以内で時間指定なしという条件がついてきます。

アリさんマークの引越社の通常プランよりは割安になりますが、利用料金は最適でも20000円以上はかかり、他の引越し業者の単身パックに比べても少し割高になります。

 

ただミニ引越しプランだと、大型家財であってもそれなりに持ち運べるので、荷物の量が多めの場合には良いかもしれません。

近距離引越しだったら当日行っても大丈夫?

近距離引越しだったら当日行っても大丈夫?
引越し先が長距離ではなく近距離の場合であれば、当日に引越しを申し込んでから即日で引越しを済ませるといったことも可能です。

 

ただし引越しシーズンである3~4月といった繁忙期であれば、大体引越し業者のスケジュールは埋まっていると考えられるので、このような時期では当日引越しはできない可能性が高いです。

 

また繁忙期でなくてもその日の業者の予定によっては当日引越しはできなかったりしますし、基本的に時間を指定することはできないので、多忙な場合で時間に都合が合わなければ当日引越しも難しくなります。

 

ちなみに当日での引越しが可能なのは、ヤマトホームコンビニエンスの「単身引越しパック」などがありますが、それ以外のすべての業者・プランで当日引越しを受け付けているという訳ではないので注意が必要です。

近距離引越しにかかる値段

近距離引越しにかかる値段
近距離引越しの見積もりを依頼する際は、その値段が適正なのかどうか判断できるようにするためにも、近距離引越しにおける利用料金の相場を把握しておきたいところです。

 

近距離引越しにかかる利用料金の目安は以下の通りです。

移動距離 単身引越し 家族での引越し(2人) 家族での引越し(4人)
超近距離(15km以内) 15000円~60000円 30000円~80000円 80000円~
近距離(50km以内) 30000円~80000円 50000円~100000円 100000円~

 

 

利用料金をなるべく抑えたいのであれば、単身引越しならば大型家財だけを運搬させてもらえるサービスを使うようにしたり、大型家財がないのであればすべてゆうパックで荷物を送ると非常に安く済みます。

 

家族での引越しの場合は、自分で荷造り・荷解きを行うようなプランを選択すれば、すべてやってもらえるプランに比べても料金が抑えられるでしょう。

近距離引越しにかかる値段を抑えるには?

近距離引越しにかかる値段を抑えるには?
上でも述べていますが単身での近距離の場合だと、引越し業者の単身パックを利用するのもよいですが、大型家財を少しだけ運ぶ程度であれば、引越しサービスよりもヤマトの「らくらく家財宅急便」のような大型家財の宅急便を利用したり、送る荷物は小物だけでよい場合はゆうパックで送ると格安で荷物を送れます。

 

また近距離引越しの場合は長距離とは違い、自力で車などを使って荷物を運びつつ、引越し先へ移動することも可能なので、小物などは自分で運んでおくと、引越し業者などで運ぶ荷物の量は減らせるので、その分割安にすることができるでしょう。

 

そして引越し業者を利用する場合は、「引越しの達人」や「引越し侍」などといった、引越し見積もりサービスで、まとめて複数の業者に見積もりを依頼すれば、最安で請け負ってくれる業者も分かるので、そうした業者に依頼すれば引越しにかかる料金も抑えられます。

 

その他近距離引越し以外でも言えることですが、引越しが盛んに行われるような繁忙期(3~4月)といった時期であれば、利用料金がかなり高くつくので、引越し日を調整できるようであれば繁忙期は避けて通常の5月~2月の間に引越しを行うようにすると良いでしょう。

近距離引越しを簡単に行うコツは?

近距離引越しを簡単に行うコツは?
近距離引越しに限ったことではありませんが、引越しを簡単に行うコツとしては、あらかじめ新居へ持っておくものとそうでないものに分けて、不要なものは処分しておくということです。

 

こうすることによって荷物の量が減るので、引越しの際に必要となる荷造り・荷解きも簡単になるうえ、引越しにかかる料金も抑えられるので一石二鳥です。

 

処分に関してはもう使えないようなモノであれば普通に捨てるのも良いですが、まだ使えそうなモノでそのまま捨てるには勿体ないようなものであれば、買い取りに出すのも手です。

 

買取に関しては買取専門業者やリサイクルショップなどに依頼できますが、例えばヤマトホームコンビニエンスなど引越し業者の中には、引越しのほか不用品買取サービスも同時に行っているような業者もあるので、そうしたところを利用すれば引越しと不用品買取をまとめて行ってくれるので便利です。

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です