クロネコヤマトの単身パックと日通・サカイの単身を比較。一番安いのは?

クロネコヤマトの単身パックと日通・サカイの単身を比較。一番安いのは?
引越しの満足度を左右するものの1つが、引越し業者ではないでしょうか。
引越し業者次第で引越しの満足度が変わるなら、引越し業者選びには慎重にならなければいけません!

単身引越しだと意外と「早く対応してくれたら気にしない」という方が多いですが、実は単身引越しはテキパキさやスピーディーさや対応力が見えやすい引越し内容です。

そこで今回の記事では、単身引越しでの満足度が高いヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センターの3社をピックアップして、それぞれの料金や特徴を比較してご紹介していきます。
単身引越しを控えている方は、ぜひ引越し業者選びの参考にしてみてくださいね!

「クロネコヤマト」「日通」「サカイ」の単身引越し比較

「クロネコヤマト」「日通」「サカイ」の単身引越し比較
まずは、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマトの引越し部門)、日通、サカイ引越センターの3社、それぞれの単身引越し料金の目安を確認していきましょう。

※以下の表に記載している料金は範囲が15km以内の近距離引越しで、1人暮らし(1R~1Kの物件で家具や生活家電が一通り揃っている状態)の荷物量の場合の料金(目安)となります。
最安値ではなく「普通に近距離の単身引越しをしたらこの範囲の料金になる」というイメージで参考にしてください。

引越し業者名 単身引越し料金(目安)
クロネコヤマト 30,000円~60,000円
日通 30,000円~60,000円
サカイ引越センター 25,000円~60,000円

料金の範囲が広いですが、基本的に繁忙期は高くなりやすく、閑散期は安くなりやすいです。引越し料金は時期によってアップダウンが割と発生しやすいです。

ほとんどの引越し業者の料金は「荷物の量」×「移動距離」で決まりますが、「時期」やどこからどこへの移動(どのようなルートになるか)等によって変動しやすいという特徴を持ちます。

今回、近距離の単身引越しの目安を掲載していますが、タイミングによってはこの限りではない場合もあります。
お得に引越しをしたいなら、その時々の相場を把握できたほうが良いので、1社だけに限定するのではなく複数社に見積りをかけてどこが安いか確認するのがおすすめです。

一番安くなりやすいのはサカイ引越センター!

一番安くなりやすいのはサカイ引越センター!
一番安くなりやすいのはサカイ引越センターです。
元々リーズナブルという傾向がありますが、安くして欲しいと料金交渉したときに柔軟な傾向もあるということで、安く抑えやすい引越し業者です。

もちろん繁忙期、それから繁忙期に関わらずサカイ引越センターに予約が密集しているタイミング等ではこの限りではありませんが、安さ重視派は、引越しを依頼する引越し業者を検討する際には見積り依頼をしてみてはいかがでしょうか。

サカイ引越センターは全国各地に拠点があり、もちろん全国対応です。
近距離引越し、中距離引越し、長距離引越し全てに対応できます。

繁忙期でも予約がとりやすいのは3社のうちのどこ?

繁忙期でも予約がとりやすいのは3社のうちのどこ?
繁忙期の予約は・・・基本的にヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センター全てで取りやすい傾向にあります。
理由は、それぞれ全国展開で全国各地に拠点があり、大手で人材の確保もトラック数の確保もしっかりとされているからです。

ただし、全国各地に拠点があっても人材がたくさんいても、トラックの数が多くても、それでも状況によってはキャパオーバーになって予約を受け付けるのは難しいという状況になる可能性はあります。
それはどの引越し業者でも同じです。

特に繁忙期は予約が集まりやすいので大手なら絶対に予約が取れるとはいえません。

最近、「引越し難民」という、引越し業者の予約が取れなくて引越し希望日に引越しできない立場の方々が話題になることがありました。
引越し難民はもしかしたら次の繁忙期も登場するかもしれません。

引越し難民が出てくると、希望した引越し業者の予約が取れなかった方々が他の引越し業者に依頼するので、必然的にヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)も日通もサカイ引越センターも予約は・・・埋まりやすいかもしれません。

それではどうしたらいいかというと、繁忙期にも予約を確実に押さえたいなら「とにかく早めに連絡する」これに限ります。

引越しが決まった段階、もしくは新居が決まった段階で早急に見積りを依頼して予約まで持っていきましょう。
仮に新居が決まっていなくても、引越し先の「街」がどこか確定していれば予約を押さえることは可能です。

引越し業者の予約は基本的に引越し日の3ヵ月前から受け付けていることが多いです。
3ヵ月前から予約というのができる方は少ないかもしれませんが・・・繁忙期はせめて1ヵ月前くらいから動き始めることができると良いのではないでしょうか。

各引越し業者の特徴を確認!

各引越し業者の特徴を確認!
今回ピックアップしているヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センターの、それぞれの単身プランの内容や詳細を確認していきましょう。

実力派!「クロネコヤマト」の単身プラン

実力派!「クロネコヤマト」の単身プラン
クロネコヤマトの単身プランは、1BOXでいくらという計算が基本なります(1BOXは押し入れ1段分のサイズですが色々詰め込めば単身なら1BOXで済む場合もあります)

押し入れの1段分のサイズの1BOXあたり12,000円~となります。
これだけ見るとすごく安い!という感じですが、これは近距離の場合。移動距離によってさらに料金は変わってきます。また、荷物が多くてBOX数が増えるとその分料金も上がります。

単身引越しで、荷物が少なく、大きな家具や家電は新しく購入するという方なら1BOXで収まる可能性もけっこうあるので、場合によってはとても安くなりますが、普通の1人暮らしの荷物量なら1BOXだと足りません。

知名度抜群!定番の「日通」の単身プラン

知名度抜群!定番の「日通」の単身プラン
引越し業者の中でも昔から知名度の高いところの1つが日通ではないでしょうか。
日通の単身パックも人気があります。

日通は単身パックがリーズナブルになるようにこだわっているようで、荷物少量の引越しなら最安値は15,000円~となります。
しかし、普通に家具や家電がある単身引越しだと、なかなか最安値で引越しというわけにはいきません。

日通は実力派の引越し業者として知られているということで、サービス力、対応力はばっちりです!
引越し業者に総合的な魅力を求めるなら注目したい存在です!

安くて早い!「サカイ引越センター」の単身プラン

安くて早い!「サカイ引越センター」の単身プラン
パンダのマークでお馴染みのサカイ引越センターは、ファミリー引越しはもちろん単身引越しでも人気のある引越し業者です。
サカイ引越センターは元々リーズナブルなことで知られている引越し業者ですが、さらに料金交渉にも柔軟な傾向ありです。

荷物少なめの単身引越しなら安くしてもらいやすいかもしれません。

最安値が極端に安い!というタイプではありませんが、荷物量がそこそこあっても総合的に安いということから普通に家具や家電と一緒に引越しをする単身世帯なら相性が良いはずです。

単身引越しする方は、見積り依頼だけでもしてみるのがおすすめです。
サカイ引越センターは対応が丁寧で、料金以外の満足度も高めです。

単身パックと単身プランの違い

単身パックと単身プランの違い
引越し業者のホームページや情報をみてみると「単身パック」というサービス名だったり「単身プラン」というサービス名だったりすることがあります。
それぞれは違うものなのかというと・・・基本的には引越し業者によって細かい言い方が違うだけで、コンセプトは同じ内容です。

ただ、引越し業者によってはそれぞれの名称を分けている場合もあります。
もし、分けて使われている場合どのような意味合いに分かれてくるのか、以下で確認してみましょう。

名前 概要
単身パック 引越し業者によって、1BOXに積み込み可能な荷物量だけ運ぶ代わりに安く引越しができる引越しサービスを指す場合と、荷物量と移動距離に合わせて料金が決定する普通の引越しを指す場合がある。
単身プラン 大抵の場合、荷物の量と移動距離に合わせて料金が決定する普通の引越しのことを指す。

このように細かい意味合いの違いが出てくる可能性はありますが、基本的に料金を優先するならサービス名称にこだわって選ぶよりは料金で選び、どのようなサービス内容なのか引越し業者に聞くほうが効率が良いです。

※今回の記事では分かりやすくするために単身プランで統一しています。

単身プラン節約テクニック

単身プラン節約テクニック
今回ピックアップしているヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センターの単身プランの料金を節約したいときには、使えるテクニックがあります。

以下では、節約テクニックの内容について1つずつみていきましょう!

3社とも引越し見積一括サイト経由で一括見積り!

3社とも引越し見積一括サイト経由で一括見積り!
心の中で、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センター、どこの引越し業者に依頼したいか決まっているとしても、料金を安くしたいならとりあえず3社全てに見積りをするのがおすすめです。

そのときの見積り方法は、1社1社に直接コンタクトを取るのではなく引越しの見積り一括サイトの活用がおすすめです。

引越しの見積り一括サイトとは、必要情報を入力することで複数の引越し業者に一括で見積りを依頼できるサイトです。

1社1社に直接見積りを依頼するのと比べて、引越しの見積り一括サイト経由のほうが料金はリーズナブルになりやすい傾向にあります。その理由はコチラ。

  • サイト経由で見積りを依頼できる引越し業者間で競争があるから
  • サイトの特典やキャンペーンで安くなることがあるから

引越しの見積り一括サイトは、サイトに登録している引越し業者の中から見積りをします。
サイトにもよりますが200社程の登録があるサイトもあるので、引越し業者間の競争は激しいです。引越し業者としては引越しを依頼してもらいたいので、興味を持ってもらうために料金を最初から安めに見積りすることが多々あります。

つまり、引越しの見積り一括サイトを利用するだけで、何もしなくても本来より安く引越しできるチャンスがあります。

また、引越しの見積り一括サイトでは時々特典やキャンペーン実施していることがあります。
こちらは引越しの見積り一括サイト独自のサービスなので、引越し業者は関係ありませんが、もしそれを利用できる状況下だったらお得に引越しできる可能性が転がっています。

早い話が、見積りは、引越しの見積り一括サイトを利用しなくてもできるものの、利用したほうがお得になる可能性が高まるから利用したほうが良いということです!

これはヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センターに見積りを依頼したい場合でも同じです。
どうせなら、各社に直接見積りを依頼するよりも、引越しの見積り一括サイト経由のほうが安くなりやすいです。
まさに節約のための小技というか、節約テクニックです!

料金交渉をしてみよう!

料金交渉をしてみよう!
もう1つ、節約テクニックとして使えるのが「料金交渉」です。
料金交渉はストレートに「引越し料金を安くして欲しい」と伝えればOKです。駆け引きは必要ありません!

ストレートに伝えると、引越し業者は安くしてくれることがよくあります。

もちろん、だからといって絶対に安くなるとは限りませんが、安く引越したい方は料金交渉がおすすめです。
タイミングとしては、見積り金額を聞いた直後がベストです。
見積り金額を聞いた直後に、交渉しましょう。

引越し業者を指定して依頼できるおすすめの見積りサイト

引越し業者を指定して依頼できるおすすめの見積りサイト
今回、節約テクニックでも挙げた引越しの見積り一括サイト。
実は世の中には色々な引越しの見積一括サイトがあります。

その中で、今回ピックアップしているヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センターに絞り込んで依頼したい=これから引越し業者を探したいわけではなく安くするために引越しの見積り一括サイトを利用したいだけ・・・という方におすすめしたいのは「SUUMOの引越し見積り」と「LIFULL引越し」です。

SUUMOの引越し見積もり

suumoの引越し見積もり
SUUMOの引越し見積りは、有名企業のリクルート系列が運営している引越しの見積り一括サイトです。
SUUMOといえばテレビCMや物件情報検索サイトでもお馴染みです。
物件を探して、そのまま引越しの見積一括サイトも活用・・・という統一した使い方ををするのも良いのではないでしょうか。

SUUMOの引越し見積りのすごいところは、最初に入力する必要情報で「電話番号」が不要なところです。
普通、引越しの見積一括サイトといえば電話番号を入力しなければならず、そこで入力した電話番号宛に、見積りを依頼した引越し業者から電話連絡がきます。

しかし、SUUMOの引越し見積りはメールアドレスのみの入力で良くて、連絡もメールアドレス宛にきます。

電話連絡がたくさんくるのが嫌だという方にはピッタリです。

  • 電話番号の入力が不要
  • SUUMOのサイトで知名度抜群
  • 依頼したい引越し業者を指定できる

LIFULL引越し

LIFULL引越し
LIFULL引越しは、物件情報検索サイトで有名なHOME’Sの系列です。こちらも知名度抜群のサイトなので安心して使いやすいのではないでしょうか。

  • HOME’Sの系列のサイトで知名度抜群
  • 依頼したい引越し業者を指定できる

LIFULL引越しもSUUMOの引越し見積りも、両方、依頼したい引越し業者を指定して見積り依頼をすることができます。

本来引越しの見積り一括サイトの使い方といえば、これから依頼する引越し業者を見つけたい方が必要情報を入力して検索をして、その条件で対応できる引越し業者が一覧表示⇒一括見積という流れが定番です。

そのため、引越しの見積り一括サイトの中には、引越し業者の指定ができない仕様になっているところもありますが、今回ピックアップしたSUUMOの引越し見積りと、LIFULL引越しは引越し業者の指定ができるので、安くするためだけに引越しの見積一括サイトを駆使したいという方にもピッタリです!

引越し見積一括サイトを使用する際には、この2つのサイトにぜひ、注目してみてくださいね!

【記事のまとめ!】見積りで差をつけよう!

今回の記事では、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、サカイ引越センターという単身引越しの満足度が高いことで知られている有名大手の3社をピックアップして。
単身引越しの料金の目安や、特徴や魅力を中心にご紹介しました。

今回ピックアップした3社のうちのどこを希望するとしても、料金を安く抑えたいなら引越しの見積り一括サイトを活用して、見積り依頼をスタートするのがおすすめです。

引越し業者は引越しの満足度を左右します。
しっかり選んで、お得な引越しをして、満足度の高い引越しを目指してみてはいかがでしょうか。

営業電話なしで引越し業者を見積もれます

suumoの引越しなら

電話番号の登録がないのでしつこい電話営業なしで一番安い引越し業者が探せます

もちろんキャンセル可能でキャンセル料金なし、見積もりをとるだけでもokで、無料で引越し見積もりをとれます。
suumoの引越し
suumoの引越しはこちら(無料)
引越し侍ならでお引越し

テレビCMでも話題引越し侍

引越し侍なら230以上の業者と提携中の為、安い引越し業者を探す事が可能です。

引越し侍
引越し侍公式サイトはこちら

引越し侍の評判と口コミは最悪?電話がしつこいなら着信拒否。インターネットキャンペーンは豪華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です